Stocks on a Screen

新しい価値交換を
より身近に

マグロツリー.jpg

私たちのストーリー

他の暗号通貨ICOと異なり、新たな市場の創造だけ
ではなく、既存の成長市場にアプローチします

MICを投機材料で終わらせない為には「実用性と将来性を兼ね備えた流通市場をスピード感をもって実現する」必要があり、それには流通市場をもつ企業とのパートナーシップが必須と言えます。

パートナー企業と新たな市場を形成するのではなく、既存の市場にMIC活用による付加価値アプローチを企画提携することで、市場の共有、拡大を共に目指すのです。

これは、「新たな事業の立ち上げ」や「新たな市場の形成」を目指すICOとは大きな違いと言えます。


結果、興味のない人でもストレスなくアプローチ出来る環境の創出や、現存のビジネスシーンを脅かすのではなく活性化させる役割を果たし、投資家にとっても単純な投機材料ではなく、社会貢献投資に繋がる暗号資産が生まれる事になります。

この実現は、MICを活用する様々な立場の人々にとって『Mirth“歓喜”』をもたらすと確信しています。

​​取り扱い取引所

下記よりお買い求めください

MICニュースでの画像.jpeg
EMIREXロゴ2.png

ATAIXは2018年11月1日にオープンしたエストニアの

暗号通貨取引所で、日本でもお取引いただけます。


<エストニアについて>

エストニアはITにより行政機能を効率化していることで有名で、生まれた時から国民ひとりひとりにIDとメールアドレスを付与、それにもとづいた社会保障などがなされています。政府が発行する個人IDカードは15歳以上のエストニア国民のほとんどが持っており、行政サービスのほとんどが個人端末から済ませることが可能です(参照:Wikipedia)。こうしたインターネットの普及活動は10年以上前から行われており、特に2007年2月、世界で初めて議会選挙に関してインターネットを利用した電子投票を実施したことは有名です。行政や規制当局は、新しい技術の取り入れに積極的で、ITを支えているインフラも整備されているため、暗号通貨業界において多くの人を呼びよせています。

MICニュースでの画像.jpeg
EMIREXロゴ2.png
emiswapアイコン②.png

Coming soon...​

お問い合わせ

arrow&v

送信が完了しました。

Coin Manufacturing